スズメバチの巣を駆除する方法|模索するより依頼しよう

男の人

ハチの危険性と業者依頼

ハチと巣

ハチの巣に悩んでいる人は、駆除業者を利用することで安全に巣を取り除いてもらうことができます。駆除した後は、再び巣を作らせないように工夫が必要です。駆除業者は、ハチの活動が活発になる夏に殺到するため、早期の発見と依頼を心がけましょう。

More...

イタチに効果のある駆除

イタチ

イタチ駆除を行う際には最後の清掃や消毒まで完璧に行いましょう。ただ撃退しただけでは再度イタチが戻ってきてしまう可能性があります。完璧に駆除するためには業者の力を借りることも方法のひとつだと頭に入れておきましょう。

More...

蜂害から身を守る

蜂の巣

軒下や天井裏に注意

スズメバチは通常は山林に棲息し、木のうろなどに巣を作って集団生活を営んでいます。ただ、中には市街地での生活に順応し、軒下や天井裏、庭木などに巣を作ることもあります。巣の形状は種によって異なりますが、おおむね共通するのは釣鐘状またはボール状です。大きな物は直径が1メートル前後に達することもあります。非常に攻撃性が高いと言われるキイロスズメバチはとっくりを逆さにしたような非常に独特な形をした巣を作るので、インターネットなどであらかじめ調べておくとすぐに見分けがつくようになります。スズメバチは巣にいる女王バチを守るために攻撃性を発揮するため、人間の方から近づかない限りそれほど危険はありません。しかし家から近い場所に巣を作られてしまった場合は、できるだけすみやかに駆除する必要があります。

危険を感じたらプロに依頼

スズメバチは毎年5月ごろから巣を作り始め、女王バチが生みつけた卵から孵った幼虫を育てます。7月あたりからは成長した働きバチが盛んに活動するようになるため、危険性も増します。そのため、駆除を行うならなるべく早い時期が望ましいとされています。駆除する際は、防護服に身を固めて刺されないように細心の注意を持って作業を行います。スズメバチに刺されると命に関わることがあります。駆除には市販の殺虫剤が有効です。最近はハチ専用を謳った強力なタイプも比較的容易に入手できます。殺虫剤でハチを完全に退治した後は、巣を切り離し、密封して燃えるゴミとして処分します。活動が盛んな夏期の駆除は、無理をせず専門業者に依頼する方が賢明です。

ネットの選び方と張り方

ハト

鳩を本格的に駆除するためにはネットを張って物理的に侵入を遮断するのが一番です。すっかり居座られてしまっている場合、忌避剤だけでは不足です。また、ネットの張り方によっては鳩が無理やり中に入ってきます。ただ全面を覆うだけではなく、壁とネットの間も隙間ができないよう工夫しましょう。

More...