ネットの選び方と張り方|スズメバチの巣を駆除する方法|模索するより依頼しよう

スズメバチの巣を駆除する方法|模索するより依頼しよう

住宅

ネットの選び方と張り方

ハト

巣があってもOK

鳩を駆除するには、被害レベルによって方法を変えなくてはなりません。例えばベランダに巣を作られているような場合、被害レベルが中程度以上の深刻なレベルと判断できます。従って、ネットを張って物理的に侵入を防がなければなりません。ネットを張ると鳩の侵入を物理的に遮断することができるので、中に巣を作られ完全にねぐらにされているケースでも対応可能です。巣がある場合は専門業者に依頼して駆除して貰うのが一番ですが、自分でまずはどうにかしたいと考えているならネットを使いましょう。単純に侵入を防ぐ方法は忌避剤を使うやり方もあります。けれど忌避剤は鳩が不快に感じるぐらいのダメージしか与えられません。まだ居座られる前なら効果がありますが、本格的に居つかれている場合はあまり意味がないのでネットを準備しましょう。

正しい方法でネットを張る

鳩の駆除効果が高いネットも、張り方を間違えてしまうと鳩の侵入を許してしまうことになります。特に巣を作っている場合、鳩も強引に入り込もうとします。壁とネットの間に隙間ができないようにネットを張ったら、ただ垂らすだけではなく下部をしっかり固定しましょう。自重で垂れ下がるだけのネットの張り方だと、全面を覆うことはできますが隙間からいくらでも入り込まれてしまいます。ベランダの柵の隙間も鳩の侵入ルートになるので、隙間を埋めてからネットを張ります。網目サイズは大きいと鳩の身体が通ってしまいますし、小さいと風の抵抗を受けやすくなります。具体的には5cm×5cm角のネットが、鳩を駆除するための対策用にぴったりでしょう。